読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S_a_k_Uの日記みたいなDB

~サクゥーと呼ばないで~

例外処理のコスト、ふたたび

前回は、例外の検出方法でif文とtry〜catch文を比較したけど、今回はループの中と外。
確かに、try〜catchのブロックでスタックの動作があるだろうから、全く差がないってことはないかも?とは思ったものの、下記のページであまりにも差があったので。


Java講座 > 5.3. try-catch ブロックはループ外に置く
で、ループ繰り返し回数が1000回の場合、188[ms]かかってたのが1[ms]未満になるってので再度調べてみた。

検証コード

public class TryCatchTest {

    private static int LOOP = 10000;
    private static String EXIST_FILE = "C:\\hoge.txt";      // 存在するファイル
    private static String NOT_EXIST_FILE = "C:\\fuga.txt";  // 存在しないファイル

    public static void main(String[] args) {
        new TryCatchTest().test();
    }

    public void test() {

        long s;

        System.out.println("■存在するファイル");

        s = System.currentTimeMillis();
        internal(LOOP, EXIST_FILE);
        System.out.println(" 1)ループ中 : " + (System.currentTimeMillis() - s) + "[ms]");

        s = System.currentTimeMillis();
        external(LOOP, EXIST_FILE);
        System.out.println(" 2)ループ外 : " + (System.currentTimeMillis() - s) + "[ms]");

        System.out.println("■存在しないファイル");

        s = System.currentTimeMillis();
        internal(LOOP, NOT_EXIST_FILE);
        System.out.println(" 3)ループ中 : " + (System.currentTimeMillis() - s) + "[ms]");

        s = System.currentTimeMillis();
        external(LOOP, NOT_EXIST_FILE);
        System.out.println(" 4)ループ外 : " + (System.currentTimeMillis() - s) + "[ms]");

    }

    public void internal(int loop, String filename) {
        for (int i = 0; i < loop ; i++) {
            try {
                FileInputStream fis = new FileInputStream(filename);
            } catch (FileNotFoundException e) {
            }
        }
    }

    public void external(int loop, String filename) {
        try {
            for (int i = 0 ; i < loop ; i++) {
                FileInputStream fis = new FileInputStream(filename);
            }
        } catch (FileNotFoundException e) {
        }
    }

}

実行結果(1万回)

お!「1)ループ中」の方が時間かかってる。やっぱスタックの処理分不利なのか?
でも、「2)ループ外 」って1[ms]未満じゃねぇよ…

■存在するファイル
 1)ループ中 : 184[ms]
 2)ループ外 : 125[ms]
■存在しないファイル
 3)ループ中 : 530[ms]
 4)ループ外 : 0[ms]


そもそもサンプルのコードって、「c:\hoge\foo\bar.dat」が存在しないから、『After』のコードでは、Exceptionがthrowされてループから抜けてる(1回しかループしてない)んじゃないの???
とか。

実行結果(100万回)

大体こんな数字なんだけど、なぜか殆ど「1)ループ中 <2)ループ外」なんだよなー

■存在するファイル
 1)ループ中 : 12229[ms]
 2)ループ外 : 12288[ms]
■存在しないファイル
 3)ループ中 : 25325[ms]
 4)ループ外 : 0[ms]

結論

ということで、例外でコストを意識しないといけないのは例外の生成であって、やっぱtry〜catchのコストは無視していいんだよ。