S_a_k_Uの日記みたいなDB

~サクゥーと呼ばないで~

ThinkPad X230のSSD換装後にWindowsがフリーズしてしまう

ThinkPad X230
Windows 10 Pro
換装元SSDSAMSUNG MZ7TD128HAFV-000L1
換装先SSD:Crucial CT512MX100SSD1


中古で購入した時に搭載されてたSSD(128GB)の空き容量が心許なくなってきて、別のPCで使ってたSSD(512GB)が転がってたので換装することにした。
SSDをクローンして、起動後パーティションの拡張とか一通り行ったらフリーズしてしまった。
再起動しても、数分するとフリーズしてしまう。

<追記2019/08/19>再度エラー発生

6日前に解決したと思っていたが、最後に記録されたイベントログ(2019/08/19 02:08頃)の後に、再度別のエラーが発生したと思われる。
画面がコンソールの状態で、以下のようなメッセージが表示されていた。

2100 Detection error on HDD0 (Main HDD)
Press Esc to continue

該当のPCは常時起動しており、ファイルサーバやリモートデスクトップでのアプリケーションを利用している。
SSDの状態確認、エラーチェック等行ったが、特に問題がないため、ひとまず再起動して様子見することに。

<追記2019/08/27>またまたエラー発生

また”2100 Detection error”が発生した。
検索してると、コネクタが緩いんじゃね?ってコメントがあって、ハッと気が付いた。
最初のエラー発生後、SSDクローンのやり直しとかして、PCのHDDスロットの蓋開けた後、蓋を閉めずに作業しててそのままだった…ということで蓋を閉めて再起動。
www.ifixit.com

続きを読む

プリウスの純正ナビの地図データの更新

プリウス:ZVW55(前期)
ナビ:NSZT-W66T

初回登録から2年半経過しているプリウス55号ですが。
トヨタは、ナビの地図データを購入後3年間は無償で更新できるみたい。
無償で更新する方法は2つ。
1)トヨタのショップにある充電スタンドG-Station付近のエリアのWifi経由で、ネットから直接更新する
2)PCの地図更新アプリケーションで、メディア(SDカード)の地図データを更新する
1)を試してみたところ1度に3都道府県しか更新できない上に、3道県(北海道、青森、秋田)の地図データのダウンロードに1時間近くかかってしまった。
そのため、2)の方法で更新してみることに。

結果は209[MB]程度の地図データをダウンロードし、SDカードを更新するまでの処理時間は12[分]程度で、エラー等も発生せず無事完了。
ナビのSDカード脱着、地図更新アプリケーションのダウンロード等含めても30分程度。
参考にしたブログ等では、もう少し面倒そうな手順?になっていたが、地図更新アプリケーションが新しいバージョンになっているせいか、特に面倒な点もなく終了した。
更新期限が2019年9月30日なので、9月にもう一度やっておこうかな?

続きを読む

Windowsバッチのパラメータの修飾子により取得できる値

バックアップのバッチファイルを作ってて、ログファイル名を生成する時に遭遇した事象。
Windowsバッチのパラメータ%0を参照すれば、実行しているバッチファイル名を取得することができる。
ファイル名のみを取得する場合は、Windowsバッチのパラメータの修飾子により%~n0で取得することができる。
とした時に、Windowsバッチファイル内でサブルーチンを呼び出した場合、呼び出し先のサブルーチンで取得できる値に違いがあった。

続きを読む

開発用サーバの構築(PostgreSQL)

いくつか嵌った箇所があるので、久々にブログ書くネタができたw
諸事情でCentOS 6.2(Minimal)にPostgreSQL 9.6をインストール。

続きを読む

Oracle ADFのpartialSubmit="true"でimmediate="true"なボタンのアクションによる入力フィールドの値の書き換え

ADFのバージョンは…JDeveloperが11gでした。
outputTextタグな表示フィールドは普通にManagedBeanの値を書き換えればWeb画面上の値も書き換わるのに、inputTextタグやらselectOneRadioタグやらなどの入力フィールドの値が書き換わってくれない。
画面のシチュエーションとしては、IDを入力してボタンをクリックすると、IDの情報がフォームの入力フィールドにデフォルト表示されるような動作。

続きを読む